経営コラム COLUMN

代表社員であり、税理士・中小企業診断士である岡春庭が日々の思いを綴るブログ。
ウエルス経営・ウエルスライフを目指して、今日もキーボードをたたきます。

更新日:2017/11/17(金) -ウエルス税務

小規模企業共済

 小規模企業共済というと、個人事業主が掛けるものと思われていますが、法人の役員でも
掛けられることを知らない経営者も多くいます。

 この制度は、常時使用する従業員が20人以下の個人事業主や法人の役員のリタイア後の
生活資金をサポートするものです。



 この制度はとてもメリットがあります。まず掛金が所得税において全額所得控除が受けられることです。
これは月掛金限度額が7万円ですので、年間で84万円となります。

 次に共済金の受け取りが退職所得扱いになりますので、退職控除を受けられた上、1/2課税になりますので
大きな節税になります。

 また、万が一共済金受け取り前に亡くなったとしても、相続財産の退職金扱いになりますので、法定相続人
一人当たり500万円の非課税となります。

 大きなメリットばかりですが、満額支払われるには、退職するときや事業廃止の場合などに限られますので、
安易に解約した場合は、受給額が少なくなるデメリットがあります。
 
 これらのメリット、デメリットを勘案して加入を決めることになります。私自身は、毎月低額で加盟しています。

次へ

経営コラム COLUMN

月別一覧 ARCHIVE

    横浜を中心に神奈川全域をカバー。[相続手続き・相続税申告・相続税対策]横浜駅前相続サポートサンター 遺言書作成・相続手続き・相続税申告のご相談はこちらからどうぞ。
    ご相談・お問い合わせ CONTACT 税務、会計、経営、確定申告など、さまざまなお悩みにお応えします。
    ベイヒルズ社労士事務所
    経営革新等支援機関
  • 採用情報 RECRUIT ここで働く一人一人を「人財」と考えるわたしたちと一緒に働きませんか。
  • 経営コラム COLUMN ウエルス経営・ウエルスライフを目指す代表社員「岡 春庭」のブログ
  • 経営マガジン「経営通信」「資産活用通信」のバックナンバーをご覧いただけます。
  • 書籍紹介 BOOKS プロが教える、本当に使える"お金を残す"テクニック満載の本をご紹介。
  • アントレプレナーの成功講座