経営コラム COLUMN

代表社員であり、税理士・中小企業診断士である岡春庭が日々の思いを綴るブログ。
ウエルス経営・ウエルスライフを目指して、今日もキーボードをたたきます。

更新日:2017/12/8(金) -ウエルス経営

銀行業績

 神奈川県内に本店のある信用金庫は8行ありますが、上半期の決算が出そろいました。
本業のもうけを示す実質業務純益は。5信金で前年同期を下回りました。

 貸出金残高は増えているのですが、日銀のゼロ金利政策を反映していることもあり、
貸出金利の低下が響いたようです。




 どの金融機関も優良な法人への貸し出しを増やしたいのでしょうが、こうした法人は
限られていますし、また金融機関同士の貸し出し競争になり、自ずから貸出金利が低く
ならざるを得ないのが、現実でしょう。

 こうした中で業務純益が増加した信金は、企業が手掛ける事業のビジネスモデルの成長性を
評価して貸し出す、「事業性評価」融資の件数を増やしています。

 決算書や担保・保証人にこだわらず、リスクを抱えるも、事業の将来性を評価して貸し出す
わけですので、必然貸出金利は高くなります。従って、事業性評価融資を増やすことが、
増益に寄与することになります。
 
 本来金融機関は、こうした融資に応えることで、地域企業の成長発展に貢献することが、
大きな使命だと思うのです。

 そのためには、企業の事業の成長性をを見極める「目利き」としての実力が問われることに
なります。

 そういった意味で金融機関も、今まで以上に競争の時代に突入したと思われます。

前へ

次へ

経営コラム COLUMN

月別一覧 ARCHIVE

    横浜を中心に神奈川全域をカバー。[相続手続き・相続税申告・相続税対策]横浜駅前相続サポートサンター 遺言書作成・相続手続き・相続税申告のご相談はこちらからどうぞ。
    ご相談・お問い合わせ CONTACT 税務、会計、経営、確定申告など、さまざまなお悩みにお応えします。
    ベイヒルズ社労士事務所
    経営革新等支援機関
  • 採用情報 RECRUIT ここで働く一人一人を「人財」と考えるわたしたちと一緒に働きませんか。
  • 経営コラム COLUMN ウエルス経営・ウエルスライフを目指す代表社員「岡 春庭」のブログ
  • 経営マガジン「経営通信」「資産活用通信」のバックナンバーをご覧いただけます。
  • 書籍紹介 BOOKS プロが教える、本当に使える"お金を残す"テクニック満載の本をご紹介。
  • アントレプレナーの成功講座