経営コラム COLUMN

代表社員であり、税理士・中小企業診断士である岡春庭が日々の思いを綴るブログ。
ウエルス経営・ウエルスライフを目指して、今日もキーボードをたたきます。

更新日:2018/5/6(日) -ウェルスライフ

ランナーズハイ

 先日、毎年恒例の全日本柔道大会が開かれ、原沢選手が同学年のライバルである王子谷選手に勝ち、
優勝しました。

 原沢選手は、リオオリンピックの100KG超級で、銀メダルに輝いたのですが、その後オーバーワーク
症候群にかかって体調を崩し、練習を再開してまだ4ヵ月だったということでした。

 原沢選手は、まだ調子が良くなく、準決勝までの4試合のうち3試合が延長戦にもつれ込み、かなり
疲労困ぱいしていました。なにせ準決勝では、最後の勝負がついた後、畳に仰向けになり、しばらく
起き上がれずに、審判から立つようにと言われるほどの状態でした。



 一方の王子谷選手は、準決勝まですべて時間内に勝負をつけて立ち上がってきましたので、体力は
万全でした。

 決勝戦は、まず王子谷選手の圧勝だなと思っていたのですが、なかなか決着がつかず、延長戦に
もつれ込みました。

 ところが見ていると、段々原沢選手が平気な顔になってきているのに対し、王子谷選手は、途中から
起き上がれずに、膝に手を添えてようやく起き上がる状況になってきたのです。

 これは原沢選手が、ランナーズハイの状態になったのではと感じました。ランナーズハイとは、
マラソンなどで激しい運動を続けていたときに、途中から体が楽になり、あと幾らでも走ることが
出来るような状況になるというものです。

 これは私にも経験があります。合気道の六段の昇段審査の時です。初めのうち一生懸命審査を受けて
いたのですが、「この調子でいくと、これでは途中でバテてしまう」ということを体が訴えてきました。

 そこで、気は入れるが力を抜く、ということを心掛けて審査を続けていくうちに、途中から体がとても楽になり、
後1時間でも、2時間でも動けるような気持ちになってきたのです。

 比較するのも恐縮ですが、おそらく原沢選手もそういう状態だったのでしょう。一方の王子谷選手は、
力を使い果たし、最後は脱水状態になってしまい、閉会の時にも起き上がれないほどでした。

 ランナーズハイの秘訣は力を抜くことだと思います。現に決勝戦の延長戦では原沢選手は、まさに
その通りに見えました。それにしても日本一を決める全日本柔道選手権は、見ごたえのあるものでした。

前へ

次へ

経営コラム COLUMN

月別一覧 ARCHIVE

    マイナビ2019
    横浜を中心に神奈川全域をカバー。[相続手続き・相続税申告・相続税対策]横浜駅前相続サポートサンター 遺言書作成・相続手続き・相続税申告のご相談はこちらからどうぞ。
    ご相談・お問い合わせ CONTACT 税務、会計、経営、確定申告など、さまざまなお悩みにお応えします。
    ベイヒルズ社労士事務所
    経営革新等支援機関
  • 採用情報 RECRUIT ここで働く一人一人を「人財」と考えるわたしたちと一緒に働きませんか。
  • 経営コラム COLUMN ウエルス経営・ウエルスライフを目指す代表社員「岡 春庭」のブログ
  • 経営マガジン「経営通信」「資産活用通信」のバックナンバーをご覧いただけます。
  • 書籍紹介 BOOKS プロが教える、本当に使える"お金を残す"テクニック満載の本をご紹介。
  • アントレプレナーの成功講座