経営コラム COLUMN

代表社員であり、税理士・中小企業診断士である岡春庭が日々の思いを綴るブログ。
ウエルス経営・ウエルスライフを目指して、今日もキーボードをたたきます。

更新日:2018/1/22(月) -ウエルス税務

配偶者居住権

 この度、40年ぶりに民法の大改正がありそうです。その目玉は、相続時の配偶者の優遇を図る
「配偶者居住権」の新設です。

 配偶者が相続開始時に居住していた建物に住み続ける「配偶者居住権」を規定し、婚姻期間が
長期間の場合に、配偶者が生前贈与や遺言で譲り受けた土地建物は、原則として遺産分割の
対象外とすることになります。

 
 この権利の評価額は、配偶者が高齢になるほど低くなると見られますので、これが相続税においても
大きなメリッが生じます。

 現行法では、居住している土地建物の評価額が高額の場合は、他の相続財産、たとえば預金などの
金融資産を十分に所得できない恐れがありました。

 また相続割合によっては、今まで居住していた土地建物を売却せざるを得ない場合もありました。
そうなると残された配偶者が路頭に迷うことにもなりかねませんでした。

 今回の改正で、遺産分割の対象外として居住権が保証され、かつ居住用財産の他に生活資金としての
金融資産も取得できることになりましたので、配偶者の老後の生活の安定に大きく貢献することになります。

 このような改正があることは、現在の家族のあり方に警鐘を唱えることにもなるわけです。
いずれにしましても、良い改正であることには違いはありません。

前へ

次へ

経営コラム COLUMN

月別一覧 ARCHIVE

    確定申告をしたい方へ 平成29年度分受付スタート!
    横浜を中心に神奈川全域をカバー。[相続手続き・相続税申告・相続税対策]横浜駅前相続サポートサンター 遺言書作成・相続手続き・相続税申告のご相談はこちらからどうぞ。
    ご相談・お問い合わせ CONTACT 税務、会計、経営、確定申告など、さまざまなお悩みにお応えします。
    ベイヒルズ社労士事務所
    経営革新等支援機関
  • 採用情報 RECRUIT ここで働く一人一人を「人財」と考えるわたしたちと一緒に働きませんか。
  • 経営コラム COLUMN ウエルス経営・ウエルスライフを目指す代表社員「岡 春庭」のブログ
  • 経営マガジン「経営通信」「資産活用通信」のバックナンバーをご覧いただけます。
  • 書籍紹介 BOOKS プロが教える、本当に使える"お金を残す"テクニック満載の本をご紹介。
  • アントレプレナーの成功講座