新着情報 NEWS

ベイヒルズ税理士法人のホームページを訪れていただき、ありがとうございます。
税務に関すること、経営に関すること、無料相談会の情報などを、いち早くお知らせしております。

更新日:2017/11/1(水) -経営マガジン配信情報

「経営通信2017年11月号」を発行しました

特集記事は、事業承継・社外への引継ぎ(M&A等)Part2です。

1. 企業価値の算定方法


M&Aでの会社の企業価値は、最終的には譲受け先との交渉を経て合意に至った価格ですが、①資産・負債の状況、②収益やキャッシュフローの状況、③市場相場の状況などが企業価値を算定する目安となります。
一般に中小企業のM&Aの場合は、時価純資産にのれん代(年間利益に一定年数分を乗じたもの)を加味した評価方法が用いられることが多くなっています。



ポイント : 評価算定の結果と実際の譲渡価格は別
企業価値は、業種や事業規模、競合相手の有無、市場の成長性といった要因も算定に加味されます。
そして、実際の譲渡価格は、譲受け先の資産状況、M&Aに対する緊急度などにも左右されるので、企業価値の評価の結果は、あくまでも目安の一つと考えておく必要があります。

出典:中小企業庁『事業承継マニュアル』

PDFダウンロードはこちら

前へ

次へ

新着情報 NEWS

月別一覧 ARCHIVE

    横浜を中心に神奈川全域をカバー。[相続手続き・相続税申告・相続税対策]横浜駅前相続サポートサンター 遺言書作成・相続手続き・相続税申告のご相談はこちらからどうぞ。
    ご相談・お問い合わせ CONTACT 税務、会計、経営、確定申告など、さまざまなお悩みにお応えします。
    ベイヒルズ社労士事務所
    経営革新等支援機関
  • 採用情報 RECRUIT ここで働く一人一人を「人財」と考えるわたしたちと一緒に働きませんか。
  • 経営コラム COLUMN ウエルス経営・ウエルスライフを目指す代表社員「岡 春庭」のブログ
  • 経営マガジン「経営通信」「資産活用通信」のバックナンバーをご覧いただけます。
  • 書籍紹介 BOOKS プロが教える、本当に使える"お金を残す"テクニック満載の本をご紹介。
  • アントレプレナーの成功講座