skip to Main Content

横浜・神奈川で税務・相続・贈与・譲渡・会社設立の

ご相談は、ベイヒルズ税理士法人へ。

事業継続計画

最近、大規模な自然災害が全国各地で頻発しています。台風、洪水、地震等挙げればきりがありません。また、コロナに代表される感染症もいまだ経済に大きな影響を与えています。

こうした事態が起こってから対処することは、限定された環境の中で行われることですから、実行できることは限られています。災害復旧に時間や労力、資金を費消し、損失が続いていく中で、企業としての存続さえ危ぶまれることになります。

こうした事態がたとえ起こったとしても、事前に計画を立て準備をしておこうということでBCP(Business  Continuity Plan)が、今注目を集めています。不測の事態が発生しても、重要な事業を中断させない、又は中断しても可能な限り短い期間で復旧させるための方針、体制、手順等を示した計画を立てておこうということです。

BCPを策定しておくことにより、社員の安否確認体制が素早くできる仕組、原材料の代替調達、代替生産体制生産設備の転倒防止や水害対策、地域との協力支援体制等が整備充実されることになります。

BCPのメリットとしては、他にも災害に強いアピールができ取引先からの信用が高まること、競合他社との差別化にもつながります。経営の一環としても企業としても取り組んでいくべきものです。

Back To Top