skip to Main Content

税務・相続・贈与・譲渡・会社設立などのご相談は、
横浜・神奈川のベイヒルズ税理士法人へ。

お問い合わせ・ご相談はこちら 0120-676-372 営業時間:平日9:00-17:00

価格競争からの脱却

 日本の内需企業は、今までコスト削減による安売り競争を重ねてきていました。 なんでも安ければいいということで、品質やサービス、納期などに多少問題が あっても価格が最優先されていました。
 しかしながら、最近では安売り競争から高単価商品や付加価値のあるサービスを 投入して、利益拡大戦略にシフトしてきているように感じ取れます。
 例えば牛丼の松屋フーズでは、390円のオリジナルカレーより高い490円の 創業ビーフカレーや、830円もするうな丼といった新商品を投入し、高付加価値メニューを 積極的に取り入れています。
 コンビニのローソンも、自社開発のPB商品の売れ行きが良く、販管費は増えたものの 営業利益率は逆に高まっています。
 どんな業界も人手不足ではありますが、価格を抑えて利益を減らして耐えるのではなく、 価格競争から離れて、本当に求められているものを生み出して単価を上げていくことが 求められています。今は、そういう時代に入ってきたと思うのです。

Back To Top