skip to Main Content

横浜・神奈川で税務・相続・贈与・譲渡・会社設立の

ご相談は、ベイヒルズ税理士法人へ。

SDGsブログ

食品ロス削減月間「フードドライブ活動」に参加します

10月は「食品ロス削減月間」となっており、神奈川県では、各家庭で使い切れない余剰食品を持ち寄り、フードバンク団体や地域の福祉施設・団体などに寄付する「フードドライブ活動」を推進しています。 当社においても本キャンペーンに参加させていただくことになりました。 募集期間: 2021/10/1~10/31 対象食品:お米、缶詰、レトルト食品、インスタント食品、調味…

つづきを読む

事務所消費電力を再生エネルギー100%転換しました

ベイヒルズ税理士法人では、事務所で使用する電力の削減努力を行うとともに、削減が困難な部分の消費電力について2021年度もJ-クレジットを購入し、消費電力を再生可能エネルギーに100%転換いたしました。 【J-クレジット制度について】 国が認証するJ-クレジット制度とは、省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組による、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸…

つづきを読む

『社長のためのSDGs実践経営』出版のご案内

当税理士法人代表 岡 春庭とSDGsコンサルタントの株式会社ふるサポ 中島達郎氏、特定社会保険労務士の岡真裕美の3人共著『社長のためのSDGs実践経営』が9月7日に発売されました。 これから中小企業にもSDGsの流れが来ることは必至です。SDGsを理解し、経営にもSDGsを導入することにより、持続的発展の道を歩むことができるものと考えています。 具体的な取組…

つづきを読む

SDGs社内ワークショップを実施しました

SDGsの個人ゴール、ベイヒルズのゴールを設定することを目標に「SDGs社内ワークショップ」を実施しました。 以下のアジェンダで進めました。 SDGs17のゴール復習 SDGs経営に取り組むメリット・取り組まないデメリット ベイヒルズの目指すSDGs 個人としてのSDGsの取り組み紹介 ワークショップ1(個人SDGsゴール設定・共有・発表) 企業としてのSD…

つづきを読む

新型コロナ関連支援制度情報を更新しました(2021/7/30時点)

神奈川県の補助金と、月次支援金についてご案内いたします。 【1】令和3年度神奈川県テレワーク導入促進事業費補助金 【2】神奈川県 中小企業等支援給付金(酒類販売事業者等以外の事業者)について 【3】神奈川県 酒類販売事業者支援給付金について 【4】月次支援金 登録確認機関での事前確認の受付期限について 【1】令和3年度神奈川県テレワーク導入促進事業費補助 新…

つづきを読む

SDGsコラム:なぜ中小企業にSDGsが必要なのか

≪SDGsは一時のブームではない≫ 現在、教育現場でもSDGsを取り入れた教育がトレンドになりつつあります。文部科学省が推進していることもありますが、私立の小学校や中学校ではSDGsを入学試験の質問項目に入れているところも多くなってきました。 大学においても、金沢工業大学では、「SDGs時代のグローバルリーダーの育成」といったSDGsに特化した通年カリキュラ…

つづきを読む

新居浜市に『企業版ふるさと納税制度』を活用した寄附をいたしました

当法人代表社員 岡 春庭 出身地の新居浜市に「企業版ふるさと納税制度」を活用して寄付をいたしました。 同市のホームページに掲載いただきました。 ホームページはこちら 当法人では、企業版ふるさと納税支援サービスを提供しています。 提携パートナーのJTB様とともに、寄付する自治体の選定や効果的な寄付の仕方をご支援しています。 お気軽にお問い合わせください。> こ…

つづきを読む

【さつき・ラン&ウォーク 企業対抗戦】に参加しました

ベイヒルズ税理士法人は、「さつき・ラン&ウォーク企業対抗戦」に10名参加し、 無事、全員完走・完歩することができました。 このイベントは、2021年5月の1カ月間に走った距離や歩いた歩数をアプリ上で競う企業対 抗型のオンラインイベントで、全国どこからでも、自分のペースや種目にあわせて参加す ることができます。       &nb…

つづきを読む

SDGsコラム:日本の中小企業のSDGsの浸透度は

≪ 中小企業のSDGsの調査 ≫ 2018年12月に関東経済産業局が中小企業のSDGs認知度の実態調査結果を発表しました。 従業員300人以下の企業500社が対象、その内従業員20人以下が85%でした。 この調査自体2年前ではありますが、「SDGsについて全く知らない」と回答した企業が84%、「聞いたことはあるが、内容は詳しく知らない」8%を加えると、93%…

つづきを読む

SDGsコラム:日本企業によるSDGsの取組み

政府が優れた取り組みであるとして表彰する「ジャパンSDGsアワード」の受賞企業はSDGsのトップランナーとして位置づけられています。表彰の評価基準として「普遍性、包摂性、参画型、統合性、透明性と説明責任」の5つがあります。その中で受賞企業の取り組みを一部紹介します。 (株)伊藤園 主力事業である緑茶事業などで、調達から製造・物流、商品企画・開発、営業・販売の…

つづきを読む
Back To Top