skip to Main Content

横浜・神奈川で税務・相続・贈与・譲渡・会社設立の

ご相談は、ベイヒルズ税理士法人へ。

ベイヒルズ通信

「経営通信2017年12月号」を発行しました

特集記事は、「早期経営改善計画とは」です。 1. 手軽に経営改善計画が作成できる 「早期経営改善計画」とは税理士等の認定支援機関の支援を受けて作成する、簡易な経営改善計画(ビジネスモデル俯瞰図、資金実績計画表、損益計画、アクションプランなど)のことです。従来の金融支援を前提とする経営改善計画とは異なり、より簡潔な手続きで経営計画を作成することが可能です。 2…

read more

「資産活用通信2017年11月号」を発行しました

特集記事は、「事業承継は社長の仕事 Part2」です。 事業承継について自社の取組状況をチェックしてみましょう 1つでも「いいえ」があれば何らかの準備・検討が必要です。 事業承継の実行までの5つのステップ Step 1:事業承継に向けた準備の必要性の認識(経営者の気づき) 事業承継は、経営者の身内だけの問題ではありません。従業員の雇用や、取引先との信頼関係な…

read more

「経営通信2017年11月号」を発行しました

特集記事は、事業承継・社外への引継ぎ(M&A等)Part2です。 1. 企業価値の算定方法 M&Aでの会社の企業価値は、最終的には譲受け先との交渉を経て合意に至った価格ですが、(1)資産・負債の状況、(2)収益やキャッシュフローの状況、(3)市場相場の状況などが企業価値を算定する目安となります。 一般に中小企業のM&Aの場合は、時価純資産にのれん代(年間利益…

read more

「FP通信2017年10月号」を発行しました

事業計画と経営者のライフプラン 事業計画 あなたの会社には事業計画書がありますか。 事業計画書はこれから先、自分の会社をどのように運用していくのか、そのプランを書き記したものです。事業計画をきちんと練っていけば、設備投資にいくら必要なのか、当面の資金繰りにいくら必要なのか、それに対して手持ちの自己資金はいくらあるのか、不足分はどうやって調達すべきか、といった…

read more

「資産活用通信2017年10月号」を発行しました

特集記事は、「事業承継は社長の仕事」です。 中小企業経営者の年齢は66歳前後がピークで、今後5年間で30万人以上の経営者が70歳以上になるとされています。多くの企業が事業承継のタイミングを迎えますが、 事業承継には5~10年という長期間の準備が必要です。後継者の育成を考えると、社長が60歳を超えたなら、事業承継の準備に取り掛かりましょう。 後継者をどうするか…

read more

「経営通信2017年10月号」を発行しました

特集記事は、事業承継・社外への引継ぎ(M&A等)です。 1. 社外への引継ぎ(M&A等)の目的 社外の第三社への譲渡による事業存続を目指す 後継者が親族内、あるいは社内の役員・従業員にいない場合は、社外の第三者への引継ぎ(M&A等)による事業存続の道があります。これまでM&Aに対しては、かつては、「身売り」、「マネーゲーム」といったマイナスイメージがありまし…

read more

「資産活用通信2017年9月号」を発行しました

特集記事は、「面倒な相続手続を簡素化「法定相続情報証明制度」」です。 「法定相続人が誰か」を登記官が証明 近年、不動産の所有者が亡くなった際に、相続登記(所有権の移転登記)が未了のまま放置されている不動産が増加し、これが「空き家」や「所有者不明土地」の一因となっていると問題視されています。 相続手続では、相続関係を証明するために戸籍関係書類の束を、登記所や金…

read more

「経営通信2017年9月号」を発行しました

特集記事は、自社の健康診断ツール 「ローカルベンチマーク」って何? Part2です。 ロカベンは、2つの財務情報があります。 1つは、前回で取り上げた、現状の把握と問題点の洗い出しについてです。今回は、もう1つの非財務情報(問題点を改善し、今後の方向性を導き出す)について見ていきましょう。 コミュニケーションを深めて金融機関との関係を強化しよう! <税理士>…

read more

「FP通信2017年8月号」を発行しました

そのままにしてないですか?経営者の生命保険。 法人設立前の個人事業主時代やサラリーマン時代に加入した生命保険をそのままにしていないですか? 必要保障額はライフステージによって変わります。例えば、就職、結婚、出産など、生命保険はその都度、状況に合わせてメンテナンスをしていく必要がある商品です。 特に、法人化して、経営者になった場合は、年金、退職金、収入など、状…

read more

「資産活用通信2017年8月号」を発行しました

特集記事は、「知っておいて損はない!相続税の控除の基本!」です。 法定相続人が多いほど、控除も増える!? ◆ 覚えておこう!基礎控除の計算方法 引き継いだ遺産総額が「基礎控除額」の範囲内なら相続税はかかりませんので、ご自分のケースで「基礎控除額」がいくらになるのかを知っておくことは大切です。 基礎控除額は、「3,000万円+(600万円ד法定相続人”の数)…

read more
Back To Top