skip to Main Content

税務・相続・贈与・譲渡・会社設立などのご相談は、
横浜・神奈川のベイヒルズ税理士法人へ。

お問い合わせ・ご相談はこちら 0120-676-372 営業時間:平日9:00-17:00

不動産オーナーの方へ

土地オーナーの方、アパート・マンション経営をしている方、不動産投資をしている方など、
不動産収入がある方の税務申告は、ベイヒルズ税理士法人にお任せください。
信頼と実績でお客さまの安心申告をサポートします。
また、申告手続きだけではなく、不動産オーナー様の資産を大切にお守りするために節税対策、
相続対策にもトータルでご相談に対応しております。

不動産収入のある方へ

アパートやマンション経営などをしていて、賃貸収入のある方は、
「不動産所得」に対して確定申告をして税金を支払う必要があります。
不動産投資には賢く、正しく節税をする方法があります。
また、不動産の貸し付けをしているオーナー様にも、
私どもはケースに応じて最良のご提案やアドバイスを行っています。
ご質問、お悩みは、ベイヒルズ税理士法人へご相談ください。

こんなご質問はありませんか?

不動産経営はどんな税金を払う必要があるの?

アパート経営を始める時に必要な届出書類は?

不動産管理会社をつくると税金が安くなる?

建築資金は借入したほうが得?

アパートを立てると節税になるの?

アパート・マンションは誰の名義で建てるのが得?

私たちの提供するサービス

ベイヒルズ税理士法人では、不動産収入のある方に、こんなお手伝いができます。

確定申告手続き

相続税・贈与税申告手続き

節税対策、相続税対策、管理会社設立、保有会社設立、不動産見直し、事業継承、記帳代行、記帳指導、決算申告、消費税還付、資金調達、資産活用、ライフプラン作成、相続税シュミレーションなどの手続きやアドバイス、ご提案など

顧問契約

不動産を売られる方へ

土地・建物などの財産を売却しようとお考えの方や、すでに売却したという方。
譲渡した場合には、譲渡益(売却した利益)の確定申告が必要となります。
納税額はどのくらいになるか?必要な書類はどうすればいいか?など、わからないことが多いと思います。
資産税の専門スタッフにご相談ください。

こんなご質問はありませんか?

不動産を売却したら、
急に税務署から確定申告の通知がきた。

親からもらった不動産を売りたいが、
買値がわからない。

不動産売却で買値より
売値が下がって損失を出してしまった。

不動産屋さんに相談したら、
税理士への相談をすすめられた。

わたしたちの強み

不動産の譲渡申告はベイヒルズ税理士法人にお任せください。
長年の信頼と実績でお客さまの安心申告をサポートします。

資産税申告の専門スタッフが対応

さまざまな資産税の申告に特化した経験豊富な専門スタッフがお客さまの立場から最善で最良の申告を行います。
そのために、お客さまにわかりやすい説明や相談しやすい環境づくりを心がけています。

事前に報酬額をご提示

お客さますべてに納得いただける価格で最高のサービスをご提供したいと考えています。
資産税の専門スタッフが専任でお客さまをしっかりサポート。事前に報酬額をご提示いたしますのでご安心ください。

スピード申告(最短1カ月)も可能

一般的な税理士事務所とは違い専任スタッフによるサービス体制なので、スピード申告にも対応。
譲渡申告の期限が迫っていたり、スピーディーに申告を済ませたい場合には、お気軽にご相談ください。

申告前に納税額を含めて検討

先祖代々から受け継がれている土地の場合、買った時の価格が不明だったり、かなり低かったりするケースがあります。
その場合、申告前に譲渡益による納税額を含めた検討をおすすめしています。

お客さまに選ばれる安心の実績

ベイヒルズ税理士法人は、これまでの相続税申告が500件を突破。相続税のご相談も年間に200件以上の実績です。
相続財産を譲渡した場合の所得申告サポートも多数のお客さまをお手伝いしています。

最大限の節税対策

相続財産を譲渡した場合には、特例や特別控除が使えるケースがいくつかあります。
また申告だけでなく、トータルにサポートできてこそ節税対策も効果的です。
資産税を熟知する私たちにお任せください。

「譲渡」には、売買のほかにこんなケースがあるのをご存じですか?

「譲渡」には、通常の売買のほか、交換、代物弁済なども含まれます。

自分のケースの場合、納税はどうなるの?必要書類は?

資産税専門スタッフが個別相談でお客さまの疑問にお答えします。

資産税の専門スタッフがサポート!ご安心して、ご相談ください。

資産税課  平間 直也

わかりにくい譲渡所得の申告はプロにお任せください。

資産税課  平間 直也

不動産や株式を売却して利益が出た場合には、譲渡所得の確定申告が必要となります。譲渡所得には税金の計算上で優遇される特例がありますが、その適用要件がわかりにくかったり、計算方法が複雑だったりして、なかなか厄介です。だからこそ、私たち資産税のプロにお任せください。無料でご相談に応じています。

Back To Top