skip to Main Content

税務・相続・贈与・譲渡・会社設立などのご相談は、
横浜・神奈川のベイヒルズ税理士法人へ。

お問い合わせ・ご相談はこちら 0120-676-372 営業時間:平日9:00-17:00

お知らせ

老後2,000万円問題

金融審議会 市場ワーキング・グループ が作成した「高齢社会における資産形成・管理」という報告書に「高齢夫婦無職世帯の平均的な姿で見ると、毎月の赤字額は5万円となっている」、「30年で約2,000円の取り崩しが必要となる」という記述から炎上し連日ニュースで取り上げらました。 この2,000万円という数字は高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの…

つづきを読む

「資産活用通信8月号」を発行しました

7月1日から改正民法(相続法)が施行されました Part 1 配偶者控除の特例で贈与した居住用不動産の持戻しを免除 (1)税法と民法で異なる考え方  税法では、婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産又は居住用不動産の購入資金の贈与が行われた場合に、贈与税の基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除できる「贈与税の配偶者控除の特例」があります…

つづきを読む

「SDGs」とは?

最近、「SDGs」という言葉がよく聞かれるようになって来ました。 皆さんは、このようなカラフルなマークをご覧になったことはありませんか? これらはSDGsアイコンとSDGsカラーホイールと呼ばれているものです。 SDGsとは、2015年9月に国連で193加盟国の全会一致で採択された国際目標で、 Sustainable Development Goalsの頭文…

つづきを読む

夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながら、下記期間を夏季休業とさせていただきます。 何かとご不便をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。 ■期間: 2019年8月10日(土)~8月15日(木) ※8月16日(金)より通常通り営業いたします。

つづきを読む

「経営通信2019年8月号」を発行しました

増税前に確認しておきたい消費税計算の基本 消費税の計算方法による納税額の差異に注意  消費税の納税額は、「課税売上に係る消費税額」から「課税仕入れ等に係る消費税額」(仕入控除税額)を差し引いて計算します。  そのため、課税・非課税・不課税のいずれの取引に該当するかを判断し、分類し、記録する必要があります。分類された取引の金額をもとに、課税売上、課税仕入れ等、…

つづきを読む

「ベイヒルズ社労士事務所便り2019年8月号」を発行しました

賃金等請求権の消滅時効 見直しに向け審議始まる ◆7月1日に検討会報告書公表  厚生労働省の賃金等請求権の消滅時効の在り方に関する検討会は、7月1日、報告書を公表しました。この報告書は、現在一律2年とされている賃金や年休に関する権利等について、改正民法において短期消滅時効に関する規定が整理されたことを受け、見直すべき方向性を示したものです。 ◆改正民法で消滅…

つづきを読む

「資産活用通信2019年5月号」を発行しました

特集記事は、“遺言書”と“法定相続分”ではどっちが優先される!?です。 “遺言書”と”法定相続分”、果たして軍配は? ?“法定相続分”はどうやって決めたの? これは民法で決められた遺産の分配割合で、被相続人(親御さん)との関係の深さや相続人の数を考えて「このように財産を分けるのが最も適切」とする分け方です。また、法定分割で分けたそれぞれの法定相続人の取り分を…

つづきを読む

「ベイヒルズ社労士事務所便り2019年5月号」を発行しました

就活生の「ブラック企業」「ホワイト企業」への意識~DISCO調査 ◆調査の概要 人手不足による売り手市場が続くなか、各企業は「人材確保」対策に苦心しています。そうした背景のもと、株式会社DISCOが、今年入社を迎えた卒業生(2019年卒、以下「19年卒」)と、就職活動を始めたばかりの学生(2020年卒、以下「20年卒」)それぞれに、「ブラック企業」と「ホワイ…

つづきを読む

「経営通信2019年5月号」を発行しました

特集記事は、レジ等の対応に補助金を活用しよう!~補助率や対象が拡大!~です。 補助対象の拡大、補助率の引き上げなど、制度が拡充! 軽減税率対策補助金は、中小企業・小規模事業者が、複数税率に対応したレジの導入、受発注システムの改修等を行った場合に、費用の一部を補助する制度です。 今般、制度の拡充が行われ、補助対象が、「区分記載請求書等保存方式に対応するシステム…

つづきを読む

「FP通信2019年4月号」を発行しました

特集記事は、50歳からのライフプランニングです。 人生100年 50歳はちょうど折り返し地点です。サラリーマンであれば退職まで10年~15年。経営者の場合は退職の時期は自分で決めます。 事業承継をどうするかを含めて、どのようなセカンドライフを過ごすか考える時期です。今回はライフプランを考えるポイントをまとめてみました。 教育費 それぞれの家庭で時期やお子様の…

つづきを読む
Back To Top