skip to Main Content

税務・相続・贈与・譲渡・会社設立などのご相談は、
横浜・神奈川のベイヒルズ税理士法人へ。

お問い合わせ・ご相談はこちら 0120-676-372 営業時間:平日9:00-17:00

お知らせ

「資産活用通信2019年5月号」を発行しました

特集記事は、“遺言書”と“法定相続分”ではどっちが優先される!?です。 “遺言書”と”法定相続分”、果たして軍配は? ?“法定相続分”はどうやって決めたの? これは民法で決められた遺産の分配割合で、被相続人(親御さん)との関係の深さや相続人の数を考えて「このように財産を分けるのが最も適切」とする分け方です。また、法定分割で分けたそれぞれの法定相続人の取り分を…

つづきを読む

「ベイヒルズ社労士事務所便り2019年5月号」を発行しました

就活生の「ブラック企業」「ホワイト企業」への意識~DISCO調査 ◆調査の概要 人手不足による売り手市場が続くなか、各企業は「人材確保」対策に苦心しています。そうした背景のもと、株式会社DISCOが、今年入社を迎えた卒業生(2019年卒、以下「19年卒」)と、就職活動を始めたばかりの学生(2020年卒、以下「20年卒」)それぞれに、「ブラック企業」と「ホワイ…

つづきを読む

「経営通信2019年5月号」を発行しました

特集記事は、レジ等の対応に補助金を活用しよう!~補助率や対象が拡大!~です。 補助対象の拡大、補助率の引き上げなど、制度が拡充! 軽減税率対策補助金は、中小企業・小規模事業者が、複数税率に対応したレジの導入、受発注システムの改修等を行った場合に、費用の一部を補助する制度です。 今般、制度の拡充が行われ、補助対象が、「区分記載請求書等保存方式に対応するシステム…

つづきを読む

「FP通信2019年4月号」を発行しました

特集記事は、50歳からのライフプランニングです。 人生100年 50歳はちょうど折り返し地点です。サラリーマンであれば退職まで10年~15年。経営者の場合は退職の時期は自分で決めます。 事業承継をどうするかを含めて、どのようなセカンドライフを過ごすか考える時期です。今回はライフプランを考えるポイントをまとめてみました。 教育費 それぞれの家庭で時期やお子様の…

つづきを読む

「資産活用通信2019年4月号」を発行しました

特集記事は、個人事業者の事業承継を税制面から支援~事業用資産の相続税・贈与税が実質ゼロに!~です。 病院・診療所、農業の承継に役立つ 個人事業者の事業承継においては、相続税の基礎控除、事業用小規模宅地の特例、相続時精算課税制度などが活用されてきました。新たに創設された「個人版事業承継税制」は、経営承継円滑化法の認定を受けることで、事業用の土地に加えて、事業用…

つづきを読む

「ベイヒルズ社労士事務所便り2019年4月号」を発行しました

気になる!企業のソーシャルリスク対策の実態 ◆従業員の不適切動画投稿問題で改めて問われる企業の対策 飲食店やコンビニの従業員が投稿した不適切動画問題が、企業の評判に悪影響を及ぼしかねない事件が、立て続けに起こりました。 対応については、従業員に損害賠償請求訴訟を起こす決定をした企業、全店休業して社員研修を行う決定をした企業と様々ですが、SNSを活用する企業・…

つづきを読む

「経営通信2019年4月号」を発行しました

特集記事は、荒れる二次相続!その原因は?です。 なぜ揉める?“二次相続”!どうして“二次相続”は揉めるのでしょう?原因を探ってみると、つぎのようなことが…。 ◆親という「重し」がなくなる! 一次相続(父の相続)の際には母を気遣いつつ、子どもたちの間で遺産配分に多少の不満があっても『親が言うなら仕方ない』ということで、収まることもあるでしょう。“二次相続(母の…

つづきを読む

「資産活用通信2019年3月号」を発行しました

特集記事は、荒れる二次相続!その原因は?です。 なぜ揉める?“二次相続”!どうして“二次相続”は揉めるのでしょう?原因を探ってみると、つぎのようなことが…。 ◆親という「重し」がなくなる! 一次相続(父の相続)の際には母を気遣いつつ、子どもたちの間で遺産配分に多少の不満があっても『親が言うなら仕方ない』ということで、収まることもあるでしょう。“二次相続(母の…

つづきを読む

「ベイヒルズ社労士事務所便り2019年3月号」を発行しました

「不正統計調査対応のスケジュールが明らかに ◆現在受給中の人には3月から追加給付 不正統計問題で厚生労働省は2月4日、追加給付に向けた工程表を明らかにしました。 それによると、雇用、労災、船員の各保険で現在給付を受けている人は3月から、過去の受給者は6月から、順次追加給付を受けることとなっています。 制度によって支払開始時期はまちまちで、船員保険で6月、労災…

つづきを読む

「経営通信2019年3月号」を発行しました

特集記事は、平成31年度税制改正です。 【1】機械装置等の投資減税の延長 ―中小企業投資促進税制― 青色申告の一定の中小企業者等が取得・使用した一定の機械装置等について、30%の特別償却又は7%の税額控除(注)ができる特例措置の適用期限が2年間延長されます(2021年3月31日まで)。 (注)税額控除は資本金3,000万円以下の中小企業又は個人事業主のみ 【…

つづきを読む
Back To Top