skip to Main Content

税務・相続・贈与・譲渡・会社設立などのご相談は、
横浜・神奈川のベイヒルズ税理士法人へ。

お問い合わせ・ご相談はこちら 0120-676-372 営業時間:平日9:00-17:00

ベイヒルズ通信

「資産活用通信2019年11月号」を発行しました

独りよがりの贈与では、あとの後悔先に立たず! 自分なりの贈与はハイリスク! ♦本音は、子・孫名義の積立預金は自分のモノ  ご本人に、この贈与について詳しくお尋ねすると「預金は積み立てているが、子や孫などには通帳を渡していないし、銀行取引印も自分で持っている。当然、子や孫は預金の存在自体を知らない。」という話に。また本音では、相続までは子や孫に預金を渡す気はな…

つづきを読む

「ベイヒルズ社労士事務所便り2019年11月号」を発行しました

平成30年度 長時間労働の実態 ~厚生労働省「長時間労働が疑われる事業場に対して監督署が実施した監督指導の結果」より ◆平成30年度の監督署指導結果が公表  厚生労働省は、長時間労働が疑われる事業場に対し、平成30年4月から平成31年3月までに労働基準監督署が実施した監督指導の結果(改正労働基準法等の施行前の法令に基づくもの)を取りまとめ、公表しています。こ…

つづきを読む

「経営通信2019年11月号」を発行しました

金融機関はどうして決算書の提出を求めるのか? ■融資した資金がきちんと返済されるかを確認している  企業経営において事業資金の調達先の一つが金融機関からの借入金であり、金融機関においては主要な資産は貸出金(企業向け融資など)になります。つまり、企業と金融機関は融資によってつながっています。  顧客から預かった資金を運用する金融機関の立場に立つと、融資したお金…

つづきを読む

「FP通信10月号」を発行しました

生命保険の経理処理について 法人契約の定期保険などの税務取り扱いの見直し  2019年6月に公表された法人契約の生命保険の税務の取り扱いの見直しに伴い、生命保険契約の経理処理が大きく変更されました。今回は、大きく変わった定期保険等の保険料と短期払いの医療・がん保険等についてご紹介します。 定期保険等の保険料の取扱い  契約日が2019年7月8日以後の定期保険…

つづきを読む

「資産活用通信10月号」を発行しました

相続争いは“遺留分の放棄”で回避できる! 生前に“できる放棄”と“できない放棄”  親不孝な子がいる場合には、「特定の子に財産を遺したくない。いまのうち“相続放棄”させられないか。」といった相談をお受けします。生前に“相続放棄”させられるかなどを考えてみましょう。 ♦まずは、遺留分とは  民法上の遺留分は、被相続人(亡くなった方)の兄弟姉妹以外の相続人(例:…

つづきを読む

「ベイヒルズ社労士事務所便り2019年10月号」を発行しました

監督指導による賃金不払残業の是正企業数が減少~厚生労働省調査  厚生労働省から、平成30年度に時間外労働などに対する割増賃金の未払い企業に対して、労働基準法違反で是正指導した結果が公表されました。  全国の労働基準監督署が、賃金不払残業に関する労働者からの申告や各種情報に基づき企業への監督指導を行った結果、平成30年4月~平成31年3月に各労働者に支払われた…

つづきを読む

「経営通信2019年10月号」を発行しました

10月1日をまたぐ取引の消費税率に注意しよう! 1.保守サービス料金は月払い・年払いに注意  複合機のカウンター料金などの保守サービス料金は、例えば、保守サービス会社(サービスの提供側)が、請求締日を20日に設定し、月ごとの保守サービスについて料金を請求する場合、「9月21日~10月20日まで」を請求期間とする請求書が発行されます。  この場合、「9月21日…

つづきを読む

「資産活用通信9月号」を発行しました

遺言書のメンテナンスで円満相続を! 遺言書も定期的なメンテナンスが必要に! 将来の相続に備えて作った遺言書にも、定期的なチェックが大切です。“相続争いを防ぎ、家族の幸せを守る”ための重要書類であり、状況の変化に応じた見直しは必要です。 ♦「財産構成と相続人の状況変化」には敏感に! 遺言があるからといって、相続争いが防止できるわけではありません。逆に、問題ある…

つづきを読む

「ベイヒルズ社労士事務所便り2019年9月号」を発行しました

転勤をめぐる近時の報道と、配転命令権 ◆AIG損保、転勤を廃止  AIG損害保険が、転勤の多い保険業界では珍しく、転勤を原則として廃止したと報道されました。  一般に「転勤のある社員」と「地域限定社員」に分け、給与に1~2割の差をつける企業が多いところ、同社は「限定社員が格下の印象となり、優秀な人の出世の障壁になる」として、廃止に踏み切ったとのことです(日本…

つづきを読む

「経営通信2019年9月号」を発行しました

貸借対照表は経営者の顔 社長自身が説明できますか? 貸借対照表は経営者の顔  損益計算書が一定期間(1ヵ月間や1事業年度)のすべての収益と費用の対比から利益を表示して、経営成績を表すのに対して、貸借対照表は、創業から現在までの積み重ねが数値で表されており、そこから会社の体質、経営者の価値観や考え方が見えるとされ「経営者の顔」ともいわれています。 貸借対照表科…

つづきを読む
Back To Top