skip to Main Content

横浜・神奈川で税務・相続・贈与・譲渡・会社設立などのご相談は、
ベイヒルズ税理士法人へ。

ベイヒルズ通信

資産活用通信2020年9月号「人生100年時代は、〈健康投資〉が最優先課題!」

人生100年時代は、〈健康投資〉が最優先課題! こんなにかかる生涯医療費 「健康投資」とはいえ、医療費にかけているお金もばかになりません。誕生から亡くなるまでの生涯医療費にどの程度払っているかご存じですか? •生涯医療費は2,724万円にも 厚労省によれば、2017年の生涯医療費は1人当たり2,724万円(男性:2,622万円 女性:2,831万円)に上って…

read more

ベイヒルズ社労士事務所便り2020年9月号「組織と人を成長させる!『1 on 1ミーティング』」

組織と人を成長させる!『1 on 1ミーティング』 ◆ 1 on 1ミーティングとは 働き方改革・テレワークの浸透などで、社内コミュニケーションの重要性が再認識されています。そこで注目されているのが、『1 on 1(ワンオンワン)ミーティング』です。単に『1 on 1』と呼ばれることもあります。 これは、上司と部下が1対1で行う面談です。1回の所要時間は30…

read more

経営通信2020年9月号「売掛金の時効が2年から5年に長期化します!」

売掛金の時効が2年から5年に長期化します! ~管理と回収方法を再確認しよう~ 消滅時効期間が統一されました 改正前の民法では、債権の消滅時効を10年とし、短期消滅時効として職業別に製造業・小売業などの売掛債権を2年、宿泊料・飲食代金を1年、建築請負工事代金を3年などと規定していました。改正民法では、これらの短期消滅時効の制度をすべて廃止し、併せて商法における…

read more

資産活用通信2020年8月号「老後資金の有効な確保手段、リバースモーゲージ」

老後資金の有効な確保手段、リバースモーゲージ リバースモーゲージって!? リバースモーゲージは、自宅をお持ちの方が生活スタイルを変えずにそのまま居住し続けながら、必要な資金を確保して、死亡後に自宅を処分して借入金を清算するという、“老後の住まいの有効活用の仕組み”です。 子どもには自宅を遺せなくとも、資金面で子の世話にならずに済み、最後には借金も清算できるた…

read more

FP通信2020年8月号「個人事業主の退職金と自分年金」

個人事業主の退職金と自分年金 個人事業主は『年金2,000万円問題』ではない!? 公的年金だけでは2,000万円足りないと言われておりますが、この2,000万円という数字は、厚生年金の掛け金を満額納めたサラリーマン家庭の話です。 サラリーマンの場合、厚生年金と国民年金の両方に加入しますが、個人事業主の場合は国民年金のみの加入になります。ちなみに、国民年金は夫…

read more

経営通信2020年8月号「家賃支援給付金を活用しよう!」

家賃支援給付金を活用しよう! 5月~12月の売上が50%減少などの事業者が対象 (1) 給付対象の要件 給付の対象となるのは、中堅・中小企業、小規模事業者、個人事業者等のうち、令和2年5月~12月における売上の減少が以下のいずれかに該当する事業者です。 売上減少の要件 ◎1か月の売上が前年同月比で50%以上減少 ◎連続する3か月の売上が前年同期比で30%以上…

read more

ベイヒルズ社労士事務所便り2020年8月号「新型コロナ感染症による社会保険の標準報酬月額の特例改定」

新型コロナ感染症による社会保険の標準報酬月額の特例改定 ◆標準報酬月額の特例改定 今般の新型コロナウイルス感染症の影響により休業した方で、休業により報酬が著しく下がった方について、一定の条件に該当する場合は、事業主からの届出により、健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額を、通常の随時改定(4か月目に改定)によらず、特例により翌月から改定可能となりました。 ◆…

read more

資産活用通信2020年7月号「遺贈と死因贈与、何がどう違う!?」

遺贈と死因贈与、何がどう違う!? ●相続人以外に財産を遺せる「遺贈」! 「遺贈」では、財産を渡す人を「遺贈者」、受け取る人を「受遺者」といい、遺言を通じて遺贈で、法定相続人以外の人に財産を遺せます。具体的には、内縁関係の夫や妻、息子の嫁、再婚の連れ子など相続権が無い人が考えられます。なお遺言は、「遺贈者」の存命中、いつでも何度でも修正や撤回ができる見直しの余…

read more

経営通信2020年7月号「助成金や給付金に税金はかかるの?」

助成金や給付金に税金はかかるの? 原則として法人税が課税される 新型コロナウイルス感染症による影響に対するものだけでなく、国や地方自治体では様々な助成金や給付金(以下、助成金等)などを支給しています。 法人が受取った助成金等(雇用調整助成金や地方自治体独自の休業協力金など)は、課税対象として雑収入に計上します。ただし、消費税は課税されません。 「持続化給付金…

read more

ベイヒルズ社労士事務所便り2020年7月号「年金制度改正法が成立しました!」

年金制度改正法が成立しました! 年金制度改正法(年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」が5月29日、第201回通常国会において成立しました。この改正は、人手不足の進行や健康寿命の延伸、高齢者や女性の就業促進といった今後の社会・経済の変化を年金制度に反映し、長期化する高齢期の経済基盤の充実を図ることを目的としています。主な改正内容をここで…

read more
Back To Top